Apple社LiDAR搭載iPad Proによるスキャンアプリのリリースについて

株式会社プロノハーツ(本社所在地 ⻑野県塩尻市、代表取締役 藤森匡康)は2020年6⽉25⽇より、Apple社iPad Pro の LiDAR機能により3Dメッシュを取得しファイルへ出⼒することができるアプリ “pronoMeshScan” をリリースします。

「pronoMeshScan」はiPad Pro の LiDAR機能により3Dメッシュを取得することができます。
取得したメッシュは、その場でプレビュー表⽰と、 GLTF(GLB)形式のファイルへ出⼒することができます。
GLTF形式のデータは、CAD、CGアプリで広く利⽤可能です。例えば弊社の
VRシステム「pronoDR バージョン3.0」にインポートし、データをVR表⽰ができます。

販売はApple社のApp Storeより、計画ダウンロード数は100本/⽉です。

<開発の背景や経緯>

3次元データのスキャンを⾏うためには、従来は数百万〜⼀千万円の価格帯のスキャナを⽤いる必要がありましたが、近年はLiDARなどの技術を採⽤した⽐較的安価なスキャナが普及し広く利⽤されるようになってきました。特に、今春に発売されたApple社のiPad ProにもLiDARが搭載され、3次元スキャンの敷居が⼀気に下がりました。
また、3次元データのスキャン需要は、製造業だけでなく、建設業、⼟⽊、測量そして、個⼈ユースにてニーズがあります。このような動向の中、弊社は、LiDAR搭載のiPad Proを使った3次元スキャンとその応⽤について研究を始め、このアプリを開発しました。

<機能について>

1)アプリを起動後、iPad Proをスキャンしたい対象にかざして移動し続けることで、実物の画像に重ねてスキャン結果のメッシュが重ねて表⽰されます
(図1)

図1

2)スキャン途中の3次元メッシュだけを表⽰し確認することもできます
(図2)

図2

3) 保存したスキャンデータを、ファイル名⼀覧(図3)から選んで再びビューワーで表⽰することができます。これらのファイルは、iPad Pro標準のファイルアプリで、「このiPad内>pronoMeshScan」フォルダ内に保存されていることを確認できます。そこからiCloudなどを経由で他のPCなどの環境へコピーすることができます。

図3

4) そのようにPCにコピーしたGLTF形式ファイルをpronoDRバージョン3.0にインポートしてVR表⽰を⾏うこともできます(図4)。バーチャル空間上で形状の確認や計測などを⾏えます。

図4

<ライセンス・購⼊⽅法>

App Storeから⼊⼿可能です。
無料で全機能を使⽤出来ます。ロックが解除されていない状態では、取得できるポリゴン(三⾓⾯)の最⼤数が約1万に制限されます。ポリゴンをファイルへ出⼒することは可能です。
App Storeで課⾦していただくことにより、その制限を解除できます。
価格は370円です。
弊社ではスキャンデータをお客様の仕事に実際に使っていただけるかどうかをまず試していただきたく、少数のポリゴンですがファイルへの出⼒までお使いいただけるようにしました。

<動作環境>

iPad Pro (第4世代) 12.9インチディスプレイまたはiPad Pro (第2世代) 11インチディスプレイ以降のLiDAR搭載iPad Pro

<商標について>

Apple、iPad Proは、⽶国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
App Store、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

<開発・販売>

● 会社名︓株式会社プロノハーツ
● 本社所在地︓⻑野県塩尻市⼤⾨並⽊町9-24
● 設⽴︓2007年10⽉
● 代表取締役︓藤森 匡康
● 事業内容
  ○ 3次元CADデータ活⽤⽀援コンサルティング
  ○ 商品企画、開発、設計、試作
  ○ 製造業⽤VR・ARシステムの開発・販売
  ○ ⼯場スキャニングサービス

URL:http://www.prono82.com/

<本件の問い合わせ>

ご不明な点などのご質問、取材などは、下記へ問い合わせください。
株式会社プロノハーツ
電⼦メール︓fuji@prono82.com
電話番号︓0263-54-0097