現場視点で進化を続ける「pronoDR」、目指したのは“全ての人が使えるVR”

VRニュース:現場視点で進化を続ける「pronoDR」、目指したのは“全ての人が使えるVR”

プロノハーツは2020年4月24日、オンライン記者説明会を開催し、製造業向けVR(仮想現実)デザインレビューシステムの最新バージョン「pronoDR 3.0」の提供開始を発表した。

最新バージョン(pronoDR 3.0)は「全ての人が使えるVR」をコンセプトに開発が進められ、特に「(1)CADデータ変換の簡便化・高速化」「(2)部品の選択・移動の対応」「(3)表示機能の強化」の3つの機能強化が図られている。

https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2004/27/news034.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です